› カフェクラシカル › books

2018年01月22日

『般若心経入門』

色即是空 空即是色
.


.
雨が降ってきたなぁ…。
.
.
お客さんが来てくれるだけで嬉しいという、この経営…なんとかしなければいけないんでしょうが…。
.
お客さんに心配される始末…。
てへ。(*`・ω・)ゞ
.
.
執筆でもするかな。
芥川賞を受賞された女性、50歳すぎてから書き始めたそうですね。

…わたし、今はもうない短大ですが、
当時は、作家の三浦朱門氏が学長をしていまして、、卒論に小説書きました…。

あれ、どうなってるんだろう…。
葬られていてほしい…。〜(((((っ*´_⊃`)っ


明日は定休日です。
  


Posted by カフェクラシカル at 16:54books

2018年01月19日

忍者・忍術学

三重大学の大学院入試に、
「忍者・忍術学」
学科ができたんですって…!
.
.

社会人入学もできるみたいなので調べてみたら、
.
願書受付は、
2018.1.4〜16
でした。
.
.
少し遅かったか….
.
定員8名て…。
.
ちなみに外国から、
「忍者になれるんですか?」
て問いあわせがあるみたいですが、忍者養成ではないみたいです。


ニンニン!


明日明後日お休みなので、仕込みもないし、読書しています。


※明日20日、明後日21日は誠に勝手ながら連休をいただきます。
チラシ作成や、お教室のための準備、帳簿業務をいたします。

よろしくお願いいたします。  


Posted by カフェクラシカル at 15:08books店主の日記

2018年01月19日

『不倫のルール』と個人的追記

不倫のルール
.
.
読んでいても、
.
「…|ω・`)!!!!??」
「やだ!あの人!」
.
.
とは思いませんよ。
.
.
だって私の本ですもん。
.


それ以上の内容は、お店まで…どうぞ。
.
わたしは、肯定も否定もしない派です。
それなりの年齢なので…。



個人的追記、、、、

小室さん引退…寂しい。
わたし、TMのファンでした。

数年前、30周年ツアーに、ひとりで行きました。

あれが最初で最後になってしまった。

続きは…(´・-・。)?

アムロちゃん引退より、、、
ショック。

報道とか、、、、
本当に、やだ。

引退は、keikoへの愛…。


わたし、小室さんが近くにいたら、女として支えたくなるだろうな。

これは、切ないな。


  


Posted by カフェクラシカル at 13:08books

2018年01月16日

ヨガの先生と猿投山

二階の和室でヨガ教室が始まります。
.
からだゆるほぐしヨガ
.
は、寝転んでリラックスするところから始まり、カラダをゆっくりほぐしていきます。
.
募集は後日。
.
身体の硬い私でも、楽にできて、終わった後に耳が熱くなりました。
.


で、なぜ登山の本かといいますと、
ヨガインストラクターのエリ先生と私は、猿投山で出会ったからです。
.
お互い初心者なのに、独りで登山。笑
.
「すみません、帰り道どっちですか?」
と声をかけられました。
.
「多分ですが、、あの階段を上ると下りに…」

至大阪て…|ω・`)?


.
なんの縁か2人で下山。
.
「なんで?なんでひとりで山登ってんの??」
と、めっちゃ聞かれたなあ。
.
それくらい悔しくて、嫌なことがあったんだよな。
.
乗り越えるのに、山を登りたかったんだよな…。
.
ふたりとも。
.
.
あれから2年。

一緒にお仕事するとは。
.
猿投山の神さまからいただいたご縁かな。
.
生まれて初めての、友だちの出来かただったわ。
.

  


Posted by カフェクラシカル at 21:39booksイベント・お教室

2018年01月15日

『壁を破る言葉』岡本太郎

岡本太郎さん読んでます。
.
.
芸術はいつでもゆきづまっている。
.
ゆきづまっているからこそ、ひらける。
.



.
…カフェてなあに…?
.
.
ゆきづまる。
.
先日、某作家さんとの打ち合わせで、そんな話になった!
.
.
昔、広告代理店でパートしていた時に、
「クリエイターとデザイナーの違い」
について、職場のデザイナーさんの話を聞いたことがある。
.
いちからモノを生み出し、自分の世界観を買ってもらうのか
.
お客さんのニーズに合ったものをプロの技で提供するのか
.
.
もしくは、
.
お金なのか
やりがいなのか
.
.
岡本太郎さんはね、この本で、
.

うまく作る必要なんかない。
うまく出来た作品なんて、面白くもへったくれもない。
かまわないから、どんどん下手にやりなさい。
その人独特の文体というものがあるはずだ。
絵ならその人の色。
ダンスなら、その身体の動きの物語る世界。
それは自分が発見し、確かめてゆくもの。
変わることはできない。
芸術は創造だというのはその意味だ。
.
と言ってます。


小さな厨房で、ガスコンロ2つで早朝からひとりで頑張っていますが、
全てのお客様のご期待にお応えできず、申し訳なく思います。



わたし自身と、周りの素敵な悩ましい「つくりだす人」たちへ。  


Posted by カフェクラシカル at 19:30books

2018年01月13日

『お風呂の愉しみ』

テレビで『テルマエロマエ』
やってる….


溺れてる…


今夜はお風呂を愉しみます。

(✻´ν`✻)
  


Posted by カフェクラシカル at 21:28books

2018年01月08日

剣道

「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」
ー全日本剣道連盟 剣道の理念より

礼に始まり
礼に終わる

といわれている剣道。

勝っても、ガッツポーズなど喜びを表現せず、

敗けても、悔しさをアピールすることはない。

勝者も敗者も、相手を敬います。


先日、剣道の先生がいらっしゃいました。

中学生の息子は初段です。
次回、2段を受けます。

小学5年生から、剣道クラブに入り、基本をしっかり教えていただきました。


打つより
打たれ強くなってほしい

という母である私の勝手な想い。

カフェクラシカルがある美里近隣には、高段者の先生方がいらっしゃいます。

いま、美里中には剣道部がないのですが、
益富中、高橋中にはあります。

中学の部活から始めてもよいのですが、
顧問の先生が、剣道経験者とは限りません。

クラブでは、礼や基本動作を、半年かけてきっちり教えてもらえるので、部活に入ってから応用がきくようになります。

部活動を否定するわけではないのですが、
理念を理解せずに
勝ち敗けにこだわり、敗けた子を叱咤している顧問の先生もたまにいて、

そうではない。
勝ち敗けではない。

先生は、お話ししてくださいました。



難しいこと、書きましたが、
息子が剣道している姿は、かっこいいですよ。
( *´艸`)

段を持っていれば、就職にも?有利?

くらいで始めてもよいかも。


ご興味ある方は、紹介させていただきます。

スタートは、新学期からになります。
初心者のお子さん達は、約半年、先生の元で礼や基本動作を学びます。

サイズがあえば、道着や防具などお貸ししています。竹刀は実費です。

体験や見学も、お問い合わせください。




  


Posted by カフェクラシカル at 15:45books店主の日記

2018年01月06日

スパイスたっぷりチャイでスヌーピー

先日大須で購入したスパイスで、チャイを作りました。

パウダーですが、生姜、黒胡椒、カルダモン、シナモン、ナツメグ、ローリエ、バレリアン、ブラックカルダモン、クローブリーフ、クローブ
が入っています。

さらに生姜とシナモンを追加したら…

ホット!!(∩´∀`)∩

トルコ人の店員さんが、冷え性や肩こりにいいよ!て教えてくれました。

ダイエットにはどうだろう…。



今年は戌年。
スヌーピー先生の本、あります。

スヌーピーの漫画は、アメリカの新聞連載からはじまりました。
日本語訳は谷川俊太郎氏。

独特の世界観をつくりだしています。
スヌーピーは、哲学です。


人につべこべ言われたくないけど、犬の言うことなら聞いてもいいかな…と思う方、ぜひ。

『人生案内』は、わたしがカフェで読んで、欲しくなり購入したものです。
  


Posted by カフェクラシカル at 16:00booksおのみもの

2018年01月04日

小倉百人一首

「小倉百人一首」


なんと恋歌の多いこと…。


忘れじの ゆくすゑまでは かたければ
今日かぎりの 命ともがな



忘れないと言ってくださるあなたのその言葉も、永遠ではないのでは…そうならば、今この幸せの中で死んでしまいたいくらいです。


幸せの絶頂で別れたいという気持ち、わかりますか…?

別れたくないくらい幸せなのに。

だめだわ、泣けてくる…。


小学生の頃は、暗記するのに必死でした。

今、詠むと切ない。

言葉ほど、不正確なものはないのかも。

でも、言葉を、約束を欲しがってしまう。



私たちの祖先も、なかなか切ない恋をしていらっしゃる…。



あなたの1句、探してみませんか?  


Posted by カフェクラシカル at 21:43books

2017年12月29日

神田明神と平将門と御霊信仰

続き

日経おとなのOFF『開運入門』を読みすすめていくと、

日本には
「御霊信仰」というのが存在するとのこと。


無念の死をとげた怨霊が、災いをもたらすと考えられていたため、
神として祀ることで、その祟りを鎮め、強力な守護神に変えようとしたという。




写真は神田明神。
平将門が祀られています。
私は、実はここ数年、御茶ノ水に泊まることがあり、必ずお参りしていました。
夜も開いていて、ライトアップされていて、美しいんです。
吸い込まれるように、ひとりで入った記憶があります。
なので、今回改めて史実を知り、驚いています。




「神と人間の関係は、吉凶半ばする緊張感をはらんだものであった。この点に、祟りを前提としない仏との決定的な違いがある。」

「日本の神は本来「祟る」もので、測り知れない力を持つ恐ろしい存在である」

P32より一部抜粋


もうすぐお正月ですね。
初詣にお出かけされますか。

神さまにも、いろいろなご出身の方がいらっしゃるんですね。
知らなかったわ。


みなさま、よいお年をお迎えください。

カフェクラシカルは、
1月5日より営業いたします。


ご来店お待ちしております。 店主

  


Posted by カフェクラシカル at 16:08books